誰でも入れる?通信制大学

基本的に入学は誰でも可能

通信制大学の特徴は「入学条件に制限が設けられていない」ところにあります。通信制大学は自宅にいながら授業を受けられるスタイルなので、例えば若い頃に大学に通えなかったので改めて大学卒業の資格が欲しい人や改めて勉強したいと考えて入学する中高年の人たちも少なくありません。
また主婦などある程度時間が取れる人でも資格取得のために通っている人もいますし、通常の大学ではなく通信制大学を選んで通っている若い人たちも多いようです。このように年齢や仕事に関係なく、書類選考を通過すれば通信制の大学は誰でも入学して授業を受けられるようになっています。そのためどのような目的や用途で通っているのかは人によって異なっているところも、通信制ならではの特徴と言えます。

ただし知名度の高い大学は難しい

通信制の大学は誰でも簡単に入学できるところがメリットになっていて、さらに卒業に関してもそこまで難しいわけではないので気軽に通いやすいところが魅力だとされています。ただしこれはあくまでも一般的な通信制大学であり、ある程度知名度の高い大学や学力重視の大学の場合は入学は簡単である反面、卒業に関してもある程度の難易度が設定されていると言われているのです。
これは知名度の高い通信制の大学の建前上、レポートや単位修得試験の評価基準が通学課程と同じレベルというスタンスになっているからだと考えられています。そのため入学は簡単に出来るけれどもその後の評価基準が通学過程と同じレベルになっているので、卒業する際にはそれなりの努力が必要になっているようです。

教育免許を通信で取得するメリットとして、社会人でも働きながら勉強できることが挙げられます。他にも、通学に比べて費用が抑えめな点も嬉しいポイントです。